槍を目指して2

2013/9/12

つづきです。

目が覚めると空は曇っていました。


初日は上高地から梓川沿いに延々歩きという感じで、幕営地ババ平まで標高では約500m登りました。
2日目はいよいよ槍ヶ岳山荘まで1000mの標高差を登ります。

テン場で隣りになった青年はサブザックでここから槍ヶ岳を往復するとの事、私も迷いましたが当初の計画通り、槍ヶ岳山荘のテン場で1泊する事に、テント泊の重装備を背負って穂高の稜線まで上がるのはかなりしんどいけど奮起して出発します。




昨日、槍沢ロッジにあった天気予報だと午前中曇り時々雨で午後から回復するという情報だったので
晴れを信じて梓川の源流目指さして歩き出します。
13yari


振り返って、こんな感じで大曲までは川沿いを歩きます。
13yari



ようやく大曲りまで来ました、ここは東鎌尾根の水俣乗越への分岐でもあり
13yari


目指す槍ヶ岳が見え始める場所でもありますが。。。
穂高の稜線はガスガスですな^^;
13yari






景色はイマイチなので道沿いの草花を撮りながら登ります。
13yari


13yari

13yari





13yari



ブルーベリーみたいな果実、甘酸っぱい味でした^^
13yari



右側の斜面にだけ陽射しが当たっています。
13yari



天狗原の分岐、天狗池を経て南岳まで行けます。
13yari
ここら辺から徐々に傾斜がきつくなってきます^^;



グリーンバンドを超えたあたりからガスに突入して時折風雨が強くなり始めたのでレインジャケットを羽織りました。



坊主岩(播隆窟)
13yari




ここの洞穴で寝泊りしたんですかね?
13yari



景色は皆無です^^;
13yari



殺生分岐、発電機の音は聞こえていましたが建物は見えませんでした。
13yari
ここから1kmが長かった^^;




ようやく槍ヶ岳山荘に辿り付きました、気温は5°です>< 先日雪が舞ったそうです^^;
身体が冷え切ってしまったので小屋でテント泊の受け付けと暖をとらせてもらいました。
13yari
ALL:K-5 smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC


予報通り晴れてくるのでしょうか?


つづきます。















槍を目指して1

2013/9/11

だいぶ前の話になってしまいますが限られた時間を使っての山行が続き
画像の編集まで手が回らずようやくupする事ができました。

思いがけず休暇が取れたので夏山シーズン後半にまだ間に合うと急遽計画を立て、
前回の山行(金峰山)で膝の具合が良くなってきたのが確認できたので
念の為にサポーターを当てれば3000mの峰も目指せそう。
自身初の2泊山行は何箇所か候補があったのですが、またいつこのような連休が貰えるか
判らないのでいつも遠くから羨まし気に眺めていた槍ヶ岳にこの際行ってしまおうと^^

今年圏央道が部分開通して信州方面へのアクセスがだいぶ良くなり、途中八ヶ岳P.Aで休憩を取り
約2時間30分で松本I.Cを降りて国道158号線をひた走り沢渡バスターミナルに



バスターミナルが随分綺麗になりました。
13yari




平日なので人はまばらの上高地バスターミナル
13yari




河童橋の向こうには穂高の峰
13yari




今日は幕営地のババ平まで約15kmの道のりですよ
13yari




またこの景色を見る事ができました。
13yari





徳沢の野営場はいつも気持ちよさそうです。
13yari





槍ヶ岳まで中間地点の横尾ここで小休止します、天気はOK!
13yari



13yari


9月とはいえまだまだ日差しは厳しいので沢沿いの木陰は爽やかな風が吹いて助かります
久しぶりの歩きなのでだいぶヘバってきました^^;
13yari



道沿いの咲いている花を眺めて疲れを癒したり
13yari





13yari




こんな景色を見ながら一歩ずつ歩けば目的地までたどり着けるのです^^
13yari





ようやく槍沢ロッジまで来ました。
ここで昼食をとってテント泊の受付けを済ませます。
13yari


目指す槍の穂先を見る事ができます。
13yari



さてババ平までひと歩きしますか。


結構この区間が厳しかったです^^;





ようやく初日幕営地のババ平、平日だけど賑わっていますね^^
13yari



テン場に水場があるのですが長いホースを通ってくるのでぬるま湯状態です^^;
冷たい水が飲みたいので沢まで降りました。13yari
ALL:K-5 smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC

手を5秒も入れると痛くなるほど冷たい水が流れています、
缶ビールも直ぐに冷やす事ができます(私は飲みませんけど)





続きます。














白山その3

続きです


だいぶ空いてしまいましてすみません



先ずは室堂までサクっと降りまして、体が酸っぱいものを要求していたのでCCレモンを買って一気飲みです^^


ここ室堂でテント泊できれば頂上でご来光も可能だったのですが。。。



帰りは最短距離のトンビ岩コースで
10hs35
露出の間違いでこんな写真しか。。。^^;



綺麗な花が、イワギキョウでしょうか
10hs36



腰の高さほどのハイマツ帯をなだらかに下っていくと



トンビ岩に到着です
10hs37
先を急ぎます





ここから中々の急下りで疲れた足に堪えます^^;



ガスの中に入り先が見えないのと、けっこうゴツゴツした岩の下りで疲労困ぱいです
10hs38
いつまでたっても辿り着かないので迷ったかと不安になってしまいましたよ^^;



ようやく南竜ヶ馬場に着き、あまり空腹でもなかったのですが夕食の仕度を。。。

人生初のテント泊(キャンプも未経験です)でイマイチ手際が良くないですが、夕食はアルファ米にアマノのポークカレーに

茹でたウィンナーをトッピング、食後にコーヒーを飲みました。





こんな簡単な食事でも稜線に沈んでいく夕日を眺めながら食べると美味しく感しるのがテン泊の醍醐味でしょうか?
10hs39




私が到着した時は2張りでしたが、5張りに増えていますねえ

お隣の区画には女学生さんと先生らしきグループが賑やかです^^

ガスはすっかり晴れて空には天の川が、私の住む街では見れない星空です。

私は全くの下戸なのですが、こんな時気持ちよく酒に酔えたら幸せなんだろうなぁとつくづく思う


寝床はリッジレスト、シュラフはモンベルのSSダウンハガー#2でフラットなテン場なので快適

お隣の雑談が結構聞こえるので、携帯ラジオをイヤフォンで聞きながら就寝しました。





午前3時頃に目が醒めてしまい、ストーブで湯を沸かして暖かい抹茶オレを飲みながら夜空を眺める

今日は下山するだけ、出発はゆっくりで大丈夫なのでまたシュラフに潜り込みウトウト。。。


4時頃、隣の女学生さん達の声で目が醒めてしまったので仕方なく起床して朝食の仕度を、

と言っても、湯を沸かしインスタントの玉子雑炊を食べて目覚めのコーヒーを一杯飲みます。




さっきまで快晴だったのですがガスが上がってきました。
10hs40



皆さん出発されたようなのでのんびり撤収、と言っても始めての事なので結構手間取ってるだけなのですが^^;

では、出発しますか



トボトボと歩いて、勘ノ助非難小屋で小休止、今日は土曜日という事でこれから白山を目指す登山者が

大勢休憩していますね。



幾重にも施されてる砂防ダムに滝が見えます
10hs42




無事別当出合まできました
10hs43



この後、白山温泉に立ち寄って昨日登った御前峰~大汝峰を眺めながら汗を流しました

ここの温泉は肌がツルツルして気に入りましたよ。



この後標高0mまで一揆に(途中国道で小熊に遭遇してビックリ!)



福井の名勝といえば東尋坊です、いや~~暑かった^^;
10hs44




昨日は山の稜線に沈む夕日を見ていたのに、今日は水平線に沈む夕日を眺めていました。
10hs45
ALL:PENTAX K-10D smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6ALⅡ






白山は登山道も施設も整っていて、テント泊初心者の方にはお勧めな山です
















白山その1

2010/9/10


2010年8月、テント泊で夏山へ行こうとコツコツと用具を揃えたのですが仕事が忙しく計画倒れで終ってしまい

9月にようやく休みが貰えたのでビギナーでもテント泊できる山をピックアップして、登山道が整っていて水場もあり

幕営地の設備も整っている白山に決定、健脚の方なら日帰りできるコースですがテント泊の練習も兼ねてのんびり

行程で山歩きをエンジョイしました。




東名高速~名神高速~北陸道、福井北IC~白峰 およそ6時間・・・遠い!

金曜日は規制もなく別当出合までマイカーでエントリー、駐車場にam3:00着で仮眠しました。



別当出合駐車場、工事中でギリギリ駐車スペースがありました。
10hs01
明るくなってきたので、朝食をとって出発です。



10hs02



別当出合登山口 標高1250m
10hs03
トイレ、水があります、登山計画書を出して出発。


砂防新道を行きます
10hs04



いきなり吊橋です^^;
10hs05


幾重にも砂防ダムが設置されています
10hs06


登山道はよく整備されていて危険なところはありません
10hs07
水は道中豊富にあるので500mlのみですが60Lのザックにテント泊の装備は結構重いです、



すぐに中飯場に到着
10hs08





トイレも水もあります。
10hs09


10hs10


別山に朝日が射しはじめる
10hs11
まだまだ上ですなぁ


別当覗 500m登りました
10hs12


天気はオッケー!
10hs13


勘ノ助非難小屋まで来ましたよ
10hs14
重いザックを下ろし休憩、他に休憩されてる皆さん気さくに声をかけてくれるのでソロ登山でも寂しくないです^^

どうやらザックにサンダルを縛り付けていたのがウケたみたいです^^;

ここにもトイレと水がありますよ



砂防新道は別山が眺望でき、励ましてくれます。
10hs15



砂防新道と南竜道の分岐
10hs16
ここで砂防新道とは別れ、今日の幕営地がある南竜ヶ馬場へ





別山が綺麗に見えます
10hs17
標高2100mまで登ってきました。





南竜ヶ馬場が見えてきましたよ
10hs18
なんか素敵な場所です^^






テン場は広々で水トイレ炊事場まで完備、これで1泊300円は素敵過ぎます^^
10hs19
遠くに九十九折の砂防新道が見えます。





今日のお宿完成!
10hs20
この時点で自分のテント以外に1張りのみ




凍らせてもってきた甘みあっさりフルーツが程好く融けて旨しっ^^
10hs21
ALL:PENTAX K-10D smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6ALⅡ





テントの設営も終わったのでサブザックに替えて室堂に向かいます































鷹ノ巣山(奥多摩)

2010/5/3


GW地元の友人と鷹ノ巣山(1736m)へ行ってきました

自信初の奥多摩、石尾根を歩くのが楽しみです。




水根駐車場から水根沢林道を遡るルートで登る予定なのですが早々民家に迷いこんでしまいました^^;

民家のおばさんが出てきて迷った事を話すと迷った家の横から裏に回ると登山道に合流するとの事

大変ご迷惑おかけしましたm(_~_)m



登山道は沢からだいぶ高いところで踏み外すと下まで落ちてしまいそうです



小さな沢の奥に滝が見えました
taka03




登山道沿いでは僅かながら草花も咲いています




ヒトリシズカ
taka01


これは何でしょう??
taka02





沢から離れて急登をひと踏ん張りすると六ッ石山からの道に合流します
taka04


振り返るとこんな感じ
taka05


傾斜の緩んだ道を少し歩くと榧ノ木尾根からの登山道と合流します
taka08


taka07


両側に低い笹薮の茂る登山道を抜けると石尾根に
taka10
景色が開けて気持ち良いです^^






手乗り富士山
taka09




少し霞んでますが南アルプスも、まだまだ雪で白いですね
taka11


最後の登り(見た目より結構きつい)を踏ん張って



鷹ノ巣山山頂です
taka12


人気のコースだけあって山頂は大勢の人で賑わっています

昼食をとって下るとしますか~




帰りは榧ノ木尾根から~途中登山道沿いのブナの木には熊の爪痕が~結構生息してそう。。。。

榧ノ木山はいつの間にか通過してしまいました^^;






長い尾根を下りようやく倉戸山にたどり着きました
taka13
PENTAX K10D+SMC-DA18-55mmF3.5-5.6AL





倉戸山からの下りが結構急でバテバテです~

倉戸口からバスで水根まで戻ろうと思ったのですが時間が合わず歩きで^^;

たまらず、自販機でコーラを買ってガブ飲みしました~うまかった~~^^



奥多摩の山も自宅からアクセスが良いので訪れたいと思いました~

次回は雲取山まで行ってみたいですね^^