スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の女神に会いに。その2

続きです。



日当たりの良い尾根ではあちこちでギフチョウが舞い始めシャッターチャンスを狙いながら山頂を目指します、
耳を澄ますと、姿は見えませんがまるで会話をするように複数の野鳥が復唱する様な同じ鳴き声で一際綺麗な囀りが
聞こえて、同行者の話しだとオオルリではないか?との事でした。





眼の前の小枝ではヤマガラが綺麗な声を聞かせてくれています、カメラを構えると気づかれてしまったのか
サッと飛び去ってしまいました^^;
12apr15izy06




間もなくして山頂に着くと大勢の方がチョウの舞いや景色を楽しんでました。
私たちもザックを下ろしてコーヒータイムを。



正面には焼山~黍殻山の稜線、
12apr15izy07


望遠ズームから90mmマクロに替えてチョウ撮りに専念します。



先ずは眼の前に止まったヒオドシチョウ、翅がだいぶ綻びているので越冬固体でしょうか?
12apr15izy08



うーん・・・あと一歩近寄りたいのですが逃げられてしまいます^^;
もう少し高倍率のレンズが欲しいところですが、トリミングでお許しを。。。


12apr15izy09



お隣のテーブルで休憩していたグループの方(なんと椿の茶屋さんもいらしゃった)と少々お話等をして
山頂での蝶の舞も堪能したので下山するとしましょう。


最初に蝶を発見した尾根まで戻り昼食にしました。多くの蝶の舞に囲まれての食事は格別ですよ^^



ご挨拶がてら眼の前に遊びにきてくれたのでカメラを持ち出して一枚^^
12apr15izy10
1.2 K-5 smcPENTAX-DA55-300F4-5.8ED
3-5 TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO



やがて陽が陰ってしまい蝶もいつのまにが姿を消してしまったので、私達も下山の仕度を。
無事下山後は「青根緑の休暇村いやしの湯」で温泉に入り18:00には帰宅できました。




自宅からほど近い場所にこんなに多くの「春の女神」に出会える場所があった事に少々驚きましたが
これも「カントウカンアオイ」を始めとする自然環境を保護している人達の努力があってこそだと思います、
いつまでもギフチョウの舞う山として残っていて欲しいと思いました。







スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

こんばんは。暖かくてチョウがいっぱいで、楽しい一日でした。
いつまでもここがこんなにのどかな山であってほしいですね(^^)
このあたりの日帰り温泉施設といえば藤野の<やまなみの湯>
だとばかり思っていましたが、県道76号を南へ下った道志の谷
にもあるんですね。はじめて気付きました。来年行ってみます。

 

椿の茶屋さんこんばんは

本当に沢山のチョウの舞を見ることが出来て楽しい一日になりましたね^^
すぐお隣にいらっしゃったのにご挨拶できなかったのが唯一残念です。
「青根緑の休暇村いやしの湯」は道志川の辺にあってちょっと足を伸ばせば行ける距離なので一度立ち寄ってみてくださいませ^^

トラックバック

http://kuwas.blog50.fc2.com/tb.php/96-91b59757
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。