スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涸沢その2

その1からの続きです




本谷橋から山登りらしくなってきます、3時間近い林道歩きの後なのでかなり堪えます
11ks16
木々も徐々に赤みを増してきましたよ





いつも遠くから眺めていた穂高の稜線がこんなに近くに迫ってきました
11ks17
きついですが景色に呼ばれる様に登り続けます





涸沢に到着しました
11ks18
飛騨側から雲がどんどん流れてきます



涸沢ヒュッテではカールを眺めながら長旅の疲れを癒してる方が、居心地の良い場所です
11ks19
テラスの向こうには屏風ノ頭も見えます




幕営場の様子、連休は過去最高の1000張り超で賑わったそうです
11ks20
先ずは今夜のお宿の準備をいたしますか




設営後にコーヒーを淹れて(涸沢では穂高からの湧き水を無料で分けて貰えます)から

カメラを片手に付近の散策に出かけますかね









前穂高岳が夕日で輝いています
11ks21





涸沢槍にはガスがかかって幻想的な景色を演出してくれています
11ks22





夕食の後、屏風ノコル付近から昇った円い月が明るい
11ks23




夜の涸沢、様々な色のテント灯りが本当に山の中に居るのかと錯覚してしまいます。
11ks24
稜線には北穂高小屋の灯りが見えます




夜中に風の音で目が醒めてしまいました




テントから出ると大天井岳の上に北斗七星が輝いていました
11ks25



月は既に穂高の稜線に沈んで飛騨側から沸いてくるガスが光って少し怖い風景になっています
11ks26




身体が冷えてきたのでシュラフに潜りこんだらいつの間にか眠っていました。。。












おもてのざわめきで目が醒め、外を覗くともうすぐ夜明けでした
11ks27
慌ててカメラを持ってテントを飛び出します^^;















そう、この瞬間を見るためにここまで来たのですから
11ks27
穂高が赤く萌えるその瞬間はほんのひとときです
















涸沢に朝がやってきました
11ks29




穂高岳山荘が、あそこに行きたい。。。
11ks30



奥穂高岳、言わずと知れた日本第三番の峰です
11ks31




北穂南稜、厳しい九十九折の登山道が確認できます
11ks32
ALL:PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED




今日も良い天気になりそうです





続きます


























スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

こんばんは。

テン泊されたのですね。それにしてもさすが涸沢、
1,000張以上とはすごいですねぇ。山中に突然
現れた人口千数百人の町、という感じでしょうか。
いいお天気に恵まれたのは、うらやましい限りで
す(^^)

 

椿の茶屋さんこんばんは

はい、今回もテント泊で行ってきました^^

連休中はテント泊だけで1500人余で、涸沢ヒュッテ&涸沢小屋も満室だったそうなので相当な人出だったでしょうね、
朝トイレに行列が出来て1時間待ちだったそうで恐るべしです^^;

トラックバック

http://kuwas.blog50.fc2.com/tb.php/72-441051ca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。