スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信州’11 その2

続きです



標高1000mそこそこですが関東とは大分景色が違いますね



ks16


岸際に亀裂が走っている様に見えます
ks18


ks17






ブナの幼木でギフチョウに会う事ができました
ks19


近寄ったら飛んでしまいましたがまだ羽化して間もなかったのでしょうか?
すぐそばの地面に着地してくれました
ks20






こちらではお目当てのコルリ♂が出迎えてくれました
ks21
飛んでやってきたばかりなのでしょうか?羽が全部仕舞われていません



仕切りに小枝を徘徊しています、♀を探しているようです
ks22
綺麗な瑠璃色です、いい娘みつけろよ~^^




こちらでもギフチョウが日向ぼっこしていました
ks23





ショウジョウバカマ
ks24





ks25



こっちでは無事♀をゲットできたようですな^^
ks26
グリーンの♂です



今年もこの景色に出会う事ができました
ks27
1~3:PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED
4~12:TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO






追記 ここでさっぱり汗を流して
ks28







また来ます!





おしまい















スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

こんばんは。たしか、紅葉でも有名な池ですよね(^^)

ギフチョウに思わず目が行きましたが、それよりも、池が
凍って残雪も深いというのにブナはしっかりと若葉を付け
雪を溶かしているのですね。自然の力に感動させられるシ
リーズでした。

 

椿の茶屋さんコメントありがとうございます

>たしか、紅葉でも有名な池ですよね
たぶんアタリだと思います^^
毎年この時期に来るのですが、こんなに雪が多かったのは初めてです。

雪中の緑はブナの木なのですが、先ずは大木から、雪面に近い幼木は後からという順番で芽吹く感じです。

また、何種類かの野鳥も見かけたのですがシャッターチャンスを与えてくれませんでした^^;

トラックバック

http://kuwas.blog50.fc2.com/tb.php/54-253c5f27
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。