スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

’15北アルプス 夏1

2015/7/28



今年は春から台風が接近~上陸を繰り返し中々予定通りに山へ行けてません、
今日も当初は南アルプスの予定だったのが台風の影響により急遽行き先変更となりました。


おなじみの中央道、南アルプス市の標識を横目に一路松本へ、
順調にICを出て安曇野~入路の判りづらい一ノ沢林道を走る頃には雨が。。。


駐車スペースで朝食&仕度を済ませ舗装された林道をトボトボとヒエ平の登山口まで歩きますと



今日は青年達と一緒ですな^^
15july28-1 - コピー


トイレは改装中でした。


最初は雨具を着こんでスタートしたのですが、たいした雨でもないし
沢沿いという事もあってか湿度が高いので上着を脱いで再スタート!
今日はテント泊装備では無いので足取りも軽い!?のです。



直ぐに山ノ神、山行の安全を祈り手を合わせます。
15july28-2 - コピー



沢沿いをひたすら登っていきます。
15july28-3 - コピー


途中地元の中学生らしきご一行&年配のグループとすれ違いやり過ごすまで休憩、
一日ずれていたらあの団体と一緒の小屋泊って事だな。。。^^;



胸突八丁まで来ました、ここから沢の左岸を高巻きに進むような感じになります。
15july28-4 - コピー






中々急ですが綺麗に整備されています。
15july28-5 - コピー


途中崩落したようなトラバースもありましたが綺麗に補修されて
再び沢に近づいてくると



最終水場です、この登山道は水場が多いので500mlのボトル1本装備で大丈夫でした。
15july28-6.jpg




15july28-7.jpg





冷たくて美味しかったので登山口で詰めた水と入れ替えました。
15july28-8.jpg



小休止も終わり出発しますか。



ここからは沢から離れて一機に稜線まで標高を上げる感じです、
かなりきつい登りが続きます。



15july28-9.jpg





第一ベンチですか。。ベンチ何個まであるんでしょうかね^^;
こういうの精神的によくないです(苦笑
15july28-10.jpg




なんで花でも眺めて気分を紛らわしたりします^^ 名前はわかりません。
15july28-11.jpg




なんとなく樹木が低くなってきたような。。。あとどの位かガスガスなんでわかりません^^;
15july28-12.jpg



たぶん晴れていれば稜線や山頂を見ながら、あとひとふんばりなどと思いながら
歩いている事でしょう^^


遠くから人の声が聞こえてきて、もうすこしと自分に且つを入れて登り詰めると。



ようやく見えてきました^^
15july28-13.jpg



見えないはずです、安曇野側からガスがどんどん沸いてあがっていますもん^^;
15july28-14.jpg




横通岳の方も半分だけガスガスですね。
15july28-15.jpg




穂高はというと、上のほうだけ隠れてます。
15july28-16.jpg


さっさと宿泊の手続きをしちゃいましょう。


常念小屋、いい感じです。
15july28-17.jpg


実は自身2度目の小屋泊でして、一抹の不安を抱えて受付に。。。

随分早いですね!? 従業員の方に言われて時計に目をやると11時過ぎ^^
まあ、小屋でのんびりしましょうかね^^

予想通り昨夜は団体様で混んでて布団ひとつに3人だったそうで^^;
そんな状況ではきっと寝れないのは必至です、今日は一畳に1人という事で、ほっとしました^^

部屋に案内されて荷物を置いて、食堂で昼食をとってのんびり穂高を眺めているとやがて陽が射してきました。


外に出ると夏山シーズン真っ最中な景色が待っていました。
15july28-18.jpg




山頂には明日登ろう、そう決めてしばし夏山風景を楽しんだあと、
小屋の本棚にあった「黒部の山賊」をテラスで読んでいました^^。




つづきます。









































スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

おはようございます(^^)
布団一枚に3人なんてことにならなくてよかったですねえ!
登山口は雨でも稜線はときおり晴れだったのでしょうか。
早く着いて、山を眺めながら小屋で読書三昧という過ごし方は
ゆったり豊かな味がしていいですね(^^)/

 

椿の茶屋さんこんにちは^^

平日だったので空いてるだろうとたかをくくっていたのですが
流石シーズン中の北アルプスです、単独男性部屋は満室でした^^

稜線では雨に降られる事無く冷房要らずのテラスで以前紹介して頂いた
「黒部の山賊」を読みふけっていまして、途中までしか読めなかったので
帰宅後早速続きを読むべく購入してしまいました^^;

トラックバック

http://kuwas.blog50.fc2.com/tb.php/128-221fd494
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。