スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初夏の南アルプスへ4

2014/6/17


だいぶブランクが開いてしまいました(^_^;
中々現像する時間がとれず(山に行く時間はあるのですが。。。)
どんどん現像待ちのRAWファイルが増えてしまい、夏休み宿題そっちのけで遊びまくって
8月最終日を迎えてしまった時に近い感覚です(^_^;

今回冒頭でお話しした通りメモリーが足りなくなってしまったという失態を演じてしまいまして
中途半端で終わってしまう事を先にお詫びしておきますm(_~_)m




昨日は仙丈ケ岳に辛くも登頂することができ、テントに戻った時は既にあたり薄暗くなってしまい
慌てて夕食の仕度を済ませ慌ただしくシュラフに潜り込み、いつもの様にFMラジオを聴きながら
いつの間にか眠ってしまいました。
この日のテン場は空いていて皆さん静かに過ごされていたので良かったのですが
時々遅くまで宴会をしているグループや、大イビキをかいて寝ている方が近くで
中々寝付けない時はイヤホンでFMから流れてくる音楽を子守唄がわりに寝ています(^^

翌朝他のテン泊者の朝仕度の音で私も目をさまし、モゾモゾテントから出てトイレを済ませてから
お湯を沸かし朝食の仕度を始めます、まだ暗い空には雲の隙間から星が時折り見えていました。
入梅り間近かで雨に降られる事を覚悟していたのですが、何とか大丈夫そうですよ^^

朝食を済ませアタックザックの荷造りをして、今日はいよいよ甲斐駒ヶ岳に登ります。






沢沿いを歩くと少しして仙水小屋に、お水を少し頂きます。
14june18-1



小休止の後、沢沿いを歩き続けるとやがて岩がゴロゴロと崩れ落ちてる場所に
14june18-2




結構歩き辛い岩ゴロ帯がしばし続き、



ようやく仙水峠に辿り着きました^^;
14june18-3



ここから駒津峰まで長い登りが待っています。



樹林帯の登りをヒイコラいいながら登り続けると時折開けたところから
鳳凰三山の遥か向こうに富士山が(^^
14june18-4



西側には北岳も、格好良い山容ですね。
14june18-5




そして昨日登った仙丈ケ岳、北岳とは違った美しい山です。
14june18-6



目指す甲斐駒ヶ岳は迫る様に見えてきました。
14june18-7.jpg



登山道は一旦傾斜が緩くなり、そろそろ稜線かな?と思うとまた傾斜がきつくなり。。。^^;
お花に癒されながら登り続けます。
14june18-8



森林限界を越えてようやく駒津峰に、
14june18-9




ここでエネルギー補充で大休止、ここまで他の登山者と出会いません^^;
14june18-10




グルグルっと周囲の景色を。。。


アサヨ峰の先、北岳~間ノ岳~塩見岳~南アルプス南部まで延々と続きます。
14june18-11




鳳凰三山の向こうに富士山もまだ見えています。
14june18-12



目指す甲斐駒が岳の全貌が見えました。
頂上まで辿り着けるのだろうか?と思うくらい聳え立っています^^;
14june18-14



大休止も終わりそろそろ出発しますよ。



駒津峰~甲斐駒ヶ岳は結構切り立った痩せ尾根で北側は高度感たっぷりで怖いです^^;
14june18-14



ようやく甲斐駒ヶ岳のとりつき、立ちはだかっています^^;
14june18-15




直登コースと巻道コースに分かれます、
ここはいっちょ直登コースです(大丈夫なのだろうか~?)
14june18-16



槍ヶ岳以来の登攀です
14june18-17



梯子が無い分大変かもしれません^^;
14june18-18



こうやって見るとかなりの壁ですよね^^;
14june18-19.jpg




あ、あのゲップみたいな鳴声。。。?
ハイマツの上でライチョウが笑っていました(^^
14june18-20.jpg



振り返ると登ってきた尾根です。
14june18-21.jpg



魔利支天、時間があったら登りたかった。。。
14june18-1-22.jpg



道が岩から砂に代わり、ヘロヘロになりながらようやく頂上です。
14june18-1-23.jpg


14june18-1-24.jpg





時折ガスが上がってくるものの風も無く雲間からは甲府盆地の街も見下ろせて
いつも中央道から眺めていた甲斐駒の頂に今自分が立っていると思うと不思議な感覚と
達成感にしばしその光景を眺めていました。




山頂で昼食をとって体が冷えてきたのでそろそろ下りようと巻き道コースを下り始めた時に
下からうら若き女性登山者が速いペースで登ってきてすれ違い時、「こんにちは!」 と挨拶したところ
「もう頂上ですか?」と聞かれたので、「はいお疲れ様でした頂上ですよ」 と教えてあげると
「下りるところすみませんが写真お願いしてもいいですか?」と頼まれてしまい、女性には優しい私は^^;
再び登り返して、お互い山頂標の前で写真を取り合い、しばしお話を。。。
何と彼女朝5時半に麓を出発して黒戸尾根から日帰りで往復する予定という
物凄い健脚な娘でして、「えー!凄いですね!」とリアクションすると
「下りは苦手で遅いんですよぉ~」と謙遜されていました^^;
自分も最近下りが嫌いだけど次元が違いすぎます。。。




さて、帰りのバスの時間があるので今度こそ下りましょう^^
巻き道コースは白い砂の道で途中残雪のトラバースがありちょっと苦労しました。
登りは是非直登コースが楽しいです^^;



大嫌いな下りをヘロヘロになりながらようやくテン場までもどり、大急ぎで撤収を済ませて
何とかバスの時間に間に合いました。(テン場から北沢峠までの登りが辛かった^^;)


無事戸台の駐車場に到着し、高遠の日帰り温泉「さくらの湯」で汗を流し夕飯を食べて
無事帰宅する事ができました。








2日続けての山登りは初めての経験でしたが「何とかなるもんだなぁ」と他人事のように
感心しながら、次は何処の山に?と「喉元すぎれば何とやら」な私。。。










































スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

こんばんはー。二日連続の絶景堪能、すばらしいですねぇ(^^)

直かマキか、ペンキの道標に二者択一を迫られたら、自分だったら
マキをとっちゃうと思います(笑)さすが甲斐駒、直登の勾配感が
すごいですね。黒戸尾根日帰りの若い女性にもびっくりです。自分も、
欲は申しません、膝だけでいいですから(笑)20代に戻りたいです。


 

椿の茶屋さんこんばんは

二日目甲斐駒へ登れるか心配でしたがどうにか二登できました^^

甲斐駒の取り付きでの威圧感は登れるかな?と不安になってしまう程で
直登コースはアドレナリンが出て無我夢中って感じです^^

頂上でお話しした女性はかなり早いペースで登ってきたに関わらず呼吸が全然乱れていなかったのにはびっくりしました^^;

あのくらい健脚だと槍も日帰りできちゃうんでしょうね~羨ましい^^

トラックバック

http://kuwas.blog50.fc2.com/tb.php/123-8d4262d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。