スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤岳①(八ヶ岳)

2009/9/6-7


夜中2:30に出発し、八王子I.C→諏訪南I.Cを経て美濃戸口に着いた時空は白ぼけてきていた。

駐車場には既に数台のクルマが止まっていて皆出発の準備をしています、

早速朝食をとって此処から登山口まで約1時間林道歩き、結構しんどい。。。





およそ45分で美濃戸山荘
09aka01

此処から南沢を通って行者小屋までは約2時間の行程です
09aka02
おじさん振り向かないでください~














樹林帯を抜け、白河原という開けた場所に出ると
09aka03

ひと踏ん張りで行者小屋です
09aka05
休憩中に写真撮影します














見上げると阿弥陀岳ですね~
09aka04

逆光だけど目指す赤岳も見えますよ
09aka06
あんな高いところまで登れるんでしょうか~^^;





充分休憩を取ったので文三郎尾根を目指して出発します

序盤の樹林帯を抜けると長い階段が連続して出現しますよ

この階段結構しんどいです~














行者小屋が小さく見えます、だいぶ登ってきましたね~
09aka07

凄い尖がった岩です、大同心~小同心ですね
09aka08

阿弥陀岳の後ろからガスが上がってきています^^;
09aka09

稜線に赤岳展望荘が見えていますね
09aka10









標高のせいでしょうか、数歩登ると心臓バクバク状態です
牛歩状態でようやく稜線に出た時はすっかりガスに覆われてしまいました^^;
09aka11
中岳~阿弥陀岳の稜線、東側からガスがどんどん上がってきています

高所恐怖症の私は結構ゾクゾクきてますよ^^;














稜線は結構風が強く、時折物凄い風を切る音がします

最初は何の音だか判らなかったのですが、ガスが切れた時にその犯人がホシガラスが風を切って

飛んでいる音だと判りました。










赤岳の取り付きに差し掛かり、鎖りの付いた岩場を泣きそうになりながら登っていきます

空腹で動けなくなってヘロヘロなので風の当たらない岩陰でエネルギー補給をします^^;














最後のひと踏ん張りでようやく頂上に~
09aka12


ガスガスで展望が無いのは残念~
09aka13
標高2899m自己最高記録です^^;







しばらく休憩後、身体が冷えてきたので今日の宿泊地目指して出発








展望荘があんな下に見えます、下りも結構きついですよ
09aka14


ようやく赤岳展望荘に到着しました~
09aka22

初山小屋泊、ちょっとドキドキです^^;

この日はそんなに混んでなかったので一人一畳くらいと余裕がありました

お風呂で汗を流す事もでき、食事もコーヒーやお茶もおかわり自由と至れり尽くせりで

快適な一夜(隣のいびき以外)を過ごせました。





②に続きます。










スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://kuwas.blog50.fc2.com/tb.php/12-46e23fc5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。