スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

○○と煙は...2その2

○○と煙は...2その1





続きです






8合目で強烈な睡魔に襲われ30分くらいベンチでウトウトしたらだいぶ楽になり
(ただうなじ周辺が日に焼けてしまい後で痛い目に^^;)ゆっくり上りはじめます。







直ぐに長田尾根記念碑です
1208fjs20





まだ雪渓が残っていました。
1208fjs21






頂上はもう少しなのですが最後の登りがきついです^^;
1208fjs22
この後、一人のうら若き女性の方にすれ違いの際「もう少しで頂上ですよ」と声をかけられ
思わず「やったー!」と叫んでしまいました^^兎に角そんな心境でだったのだと思います。






あとひと踏ん張りってところです
1208fjs23






御殿場口の頂上に何とか辿り着きました。
1208fjs24






火口を覗いてみますと
1208fjs25
ここにも少し雪が残っています。






銀名水と入った碑がありましたが水は湧いていませんでした。
1208fjs26


富士宮口の頂上 奥宮まできました。
1208fjs27






剣ヶ峰、あそこが日本で一番高い場所なのでミッションを遂行しなければなりません^^;
1208fjs28





最後の登り火山灰が滑って結構きついです^^;
1208fjs29


富士山測候所の跡
1208fjs30







剣ヶ峰頂上まで到達です
1208fjs31


北緯35度21分38.261秒
統計138度43分35.515秒
標高3775.63メートル
1208fjs32



1208fjs35
記念撮影や日本最高地点からの景色を楽しむ人で賑わっていました。




続きます。








スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

富士山の頂上には行ったことがなくて、このお写真で様子を初めて
知りました(^^;)石で固めたような背の低い小屋ですね。さすが
富士山、厳しい気候なんだろうなぁと連想しました。

 

椿の茶屋さんこんばんは
冬場太平洋側は乾燥した晴天というイメージが強いですが
単独峰である富士山は寒気の影響をまともに受けて厳しい気候に様変わりするようです。
冬場の風雪に耐え抜くため、このように石で建物を覆う方法で施工しているのでしょうね。

トラックバック

http://kuwas.blog50.fc2.com/tb.php/106-056469bf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。