スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瑞牆山

2009/7/9



梅雨の中休みということで奥秩父の瑞牆山に行ってきました。


午前3:00、暗い山道を縫って瑞牆山荘奥のP着、車中で仮眠をして夜明けを待ちます、

空が明るくなってきたので出発の準備をするために車外に出ると吐く息が白くなるくらいの気温、

軽く腹ごしらえをして5:30頃に出発です


登山口の地図看板(携帯photo)
09瑞牆山01


序盤は照葉樹林のなだらかな道で途中林道を渡ります(携帯photo)
09瑞牆山02
今日は登山靴とストックを導入したのですが、ストックはあると全然楽ですね~♪


ゆっくりと歩みを進めていくとやがて富士見山荘へ(携帯photo)
09瑞牆山03
山荘下の水場には冷たくて美味しいが豊富に出ていて水分補給を、山荘前の林間には幕営している方もいました。


呼吸が整ったところで出発、一旦下りに差し掛かるあたりで木々の合間から岩峰が見える、

あれが瑞牆山なのでしょうか?頂上付近はかなり急峻だけど、どのようにして登頂するのか内心ドキドキです~


せっかく登ったのに残念ですが下りきったところで天鳥川出合という沢に(携帯photo)
09瑞牆山04




小休止してからいよいよ登りの樹林帯を進みます




09瑞牆山05
とんでもない大きさの岩が(大きすぎて画像に収まりません at携帯photo)

で、しかも真ん中にクラックが入ってます、上から落ちてきんですかね?

これ以上転がらないようにつっかえ棒が一杯立ってます~(笑





途中階段やロープがあったり、徐々に岩がゴロゴロの山登りらしい雰囲気になってきましたねえ


っていうか、これは登山道なのかと疑ってしましました(苦笑 at携帯photo)
09瑞牆山06





大汗を掻きながら進むとまたしてもとんでもない高さの岩が~っ!
09瑞牆山07
後で知ったのですが大ヤスリ岩と言う名前の岩で、この岩を登る人もいるみたいでビックリです!




記念写真 at大ヤスリ岩(もちろん登りません)
09瑞牆山08




まだまだきつい登りが続きますが標高があがるにつれて冷たい風が吹いて天然クーラーは涼しい




樹林帯の稜線に出て清水の出てる岩を登るとようやく頂上です
09瑞牆山09
丸木を輪切りにしたような山頂票が面白いですね~



09瑞牆山10
日本百名山なんだそうです


記念写真 at山頂
09瑞牆山14



隣に居た人が金峰山と言ってた山をパチリ! あっちの方が高いっすねえ~
09瑞牆山15




遠くに見えるのは八ヶ岳、ちょっと雲がかかって残念
09瑞牆山13


手前に見えたお隣の峰、名前は何て言うのでしょうか?わかりません~(苦笑
09瑞牆山12


そしてさっき記念写真を撮った大ヤスリ岩を今度は見下ろします、高所恐怖症の私は命がけで撮りましたよ
09瑞牆山11
雲が下を流れて気持ちいいっすねえ~



お腹が空いてきたのでコンビニのサンドウィッチ&カップスープでお昼です





次から次から登山客が登ってきて、皆さん同じ様に大ヤスリ岩を覗きこんでキャー!とかウォー!とか

叫んでいます~高所恐怖症なのは私だけではないようです(苦笑





混んできたのでそろそろ下山開始

新しい登山靴がまだ馴染んでないらしく踵にマメができて痛いです、駐車場に戻る頃にはまるで下駄を

履いてるような感覚で、足が棒のようです。





帰りは「増富の湯」に寄って行くことにしました、ここの温泉はラジウム鉱泉と言うらしいのですが

ぬるめのお湯でのんびり浸かってられる感じが良かったのです、しかし茶色の湯でタオルが染まってしまい

家で山の神に怒られてしました~ せっかく双葉PAで点数稼ぎに桃をお土産に買って帰ったのですが…(汗



自信初の標高2000mオーバーの登山は色々課題の残った山行でしたが、素晴らしい景色で

苦しかった分、充実した登山になりました。
























スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://kuwas.blog50.fc2.com/tb.php/10-604804cf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。