スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々のテン泊山行2

続きです、



大勢の人がそれぞれ休憩したり写真を撮ったり賑わっている八方池で
エネルギー補給をして再び上を目指します。


新しいザック(OSPREY-aether)は各ベルトがしっかりしているので腰でしっかりザックの
重量を支える事ができ肩への負担はゼロに近い、
更に腰のベルトは購入時に自分の体形に合わせて貰ったのでフィット感も絶妙です。
今までザックは軽い方が有利だと思っていたのですが、軽量化の為に細くなったベルトは
ザックの重量を支えきれないのかもと感じました。
重量級ザックは特に腰のベルトはしっかりした作りの物を選ぶ事をお勧めします。


休憩が終わって出発です、ここからは登山道となり人影は減りますがそれでも北アルプス、
ボチボチ登山者が居ます。




お花畑に癒されながらトボトボ歩きます。
16jul19-5.jpg



尾根をトラバース気味に標高を上げていく感じです。
16jul19-6.jpg




扇雪渓、天然クーラーが心地よいです、
ここで地元中学生の集団登山と出くわし、しばし休憩がてらやり過ごします。
16jul19-7.jpg





時折雲間から不帰ノ剣が、北アルプスに来たんだと実感できる景色ですよ
16jul19-8.jpg



16jul19-9.jpg





ようやく丸山ケルン~通称マルケル(中学生談 笑)に到着です。
16jul19-10.jpg





ここでは私の他に一人の女性登山者さんが居て少しお話しをさせて頂きました、
唐松頂上山荘までここからあと3~4個ピークをトラバースしていくようです^^;
16jul19-11.jpg
先は長いなぁ~


ここいら辺で腰に違和感を覚えるようになってきました。
ザックは良い感じだったのでバランスを崩して腰に負担がきたとは考えにくい、
どうやらザックを背負う時片手でザックを担いだ際に腰を捻って痛めてしまったようです。
時々しゃがんで腰を伸ばす姿勢をとったりして騙し騙し登っていくしかありません^^




この日唯一の眺望、素敵です^^
16jul19-12.jpg






もうヘロヘロです^^; あそこをパスすれば小屋は見えるでしょうか?
16jul19-13.jpg





ガスの中に目的地がようやく見えてきました。
16jul19-14.jpg
続きます。




スポンサーサイト

久々のテン泊山行

2016/7/19


海の日も過ぎそろそろ梅雨明けかな等と予想していましたが
まだまだ梅雨前線が元気です。
そんな合間を見計らってそろそろ山に登りたい症候群が限界に。。。


そういえば最近テント背負ってないなぁ。。。
2年前、仙丈ケ岳&甲斐駒ケ岳に登った時テント泊ではありましたが幕営地の北沢峠は
バスを降りてから僅か数分の場所なので実質3年前槍ヶ岳に行った時以来となりますか。

ザックも槍の時使ったOSPREY-atmosが重い荷物ではショルダー&ウェストベルトが頼りなさ過ぎだった為
ワンランク上のaetherに新調したのに活躍してないなぁ。。。
でも久しぶりの山行でいきなり標高差1500m以上の昇りはしんどいしな^^;
何処かトレーニング風味でテン場の景色も良いなんて都合の良い山ありますかね。


天気予報と睨めっこすると前線に近い南アルプスは微妙、なるべく北上した方が良さげです、
後立山あたりはどうかなぁ。。。
白馬あたりは天気良いけどいきなりアイゼンで雪渓登りは不安だなぁ。。。
あっ!お隣の唐松岳、八方尾根をリフト乗り継いで標高を稼げる感じですよw
ただこの時期地元中学校の集団登山に遭遇する確率が高いらしい。。。

まあいいや決まり、からまつだけっ!





テヘへッ^^あっという間にガスに突入ですw
16jul19-1.jpg



陽射しは暑いからこのくらいが丁度良いですよ。




八方池まではハイキングコースなので木道とかあって整備されてるし
16jul19-2.jpg





ケルンが見えてきた、どこか人の顔みたいです。
16jul19-3.jpg





八方池まで来ましたよ、晴天ならば池に連峰が映って綺麗なのでしょうねぇ。
16jul19-4.jpg





続きます。





Author by チンタ / 全記事一覧 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。