スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初夏の南アルプスへ2

2014/6/16


続きです。





今夜のお宿(テント設営)が確保できたのでアタックザックに荷物を詰めて出発です、
今日は南アルプスの女王 仙丈ケ岳へ~時間が押しているので無理せず行けるところまでという行程で
テン場を後にします、





南アルプス林道まで戻ると直ぐに登山口
14june17-7



効率よく標高を稼ぎます。
14june17-8




14june17-9



14june17-10




大滝頭(5合目)までようやく辿り着きました。
山頂まで約半分、ここで藪沢方面と分岐になりますが今日は小仙丈ケ岳へ尾根を登ります。
14june17-11




雪が出始めました。
14june17-12




振り返ると駒津峰~甲斐駒が木々の間から見えてきましたよ、
向こうは結構ガスが出始めています。
14june17-13



14june17-14



甲斐駒、山頂はガスの中です。
14june17-16




こちらは北岳、バットレスはガスで覆われていますねぇ
来年は訪れたいものです、テント泊装備で上がれるかな?^^;
14june17-16




ようやく森林限界を越えましたよ、結構雪が残っていますね~。
14june17-17




どうやらこの斜面を登らないといけないみたいですねぇ、ここから見たところズボズボな感じです^^;
14june17-18



念の為軽アイゼン着けていきましょ。
14june17-19



14june17-20



14june17-21



中々の傾斜です^^;
14june17-22





ふぅふぅ言いながら登りきりました~
振り返るとテン場が見えましたよ、私のテントもはっきりと見えてますね^^
14june17-23






つづきます。




























スポンサーサイト

初夏の南アルプスへ1

2014/6/16


もう昨年の山行になってしまいますがようやく重い腰をあげて現像を始めたので
少しずつですがUPしていきます^^;

実はカメラのメモリが足らずに尻切れになってしまい、どうしようか思案していましたが
自分にとって思い出深い山行だったので中途半端なエンディングになってしまいますが
お付き合い下さい。

そろそろ梅雨入りしそうな6月中旬、天気予報では雨にはならない様子だったので意を決して中央道で
一路、長野県側南アルプススーパー林道の玄関口戸台を目指します。
通常なら諏訪IC~国道152号線、高遠経由で戸台なのですがiphoneのナビが諏訪南ICで降りる指示を、
何の疑いもせず車を走らせるとやがてダートの林道に突入。。。どうやら近道として県道211号で行かせる
つもりらしい^^;夜明け前の暗い林道を走る、それは不気味な光景でしたよ。。。
辺りが明るくなる頃、何とか高遠で正規のルートに合流し戸台のバスターミナルに到着しました。

14june17-1


天気はまずまずでハルゼミの鳴声が心地よく聞こえてきます、
平日なので駐車場も余裕があり始発のバスに座って乗れそう、

14june17-2

ここ戸台からバスに揺られて約50分余で南アルプス林道の最高地点北沢峠に到着します、




ここはフォッサマグナの西端で、丁度中央構造線と静岡糸魚川構造線の交差する場所で様々な断層を
見る事が出来、車内放送と運転手さんが判り易く案内してくれていました。
14june17-3


標高をあげるに連れ南アルプスの峰が顔を出してきます、途中バスが停車して運転手さんがアナウンスしてくれた
のが鋸岳の稜線にある鹿穴、甲斐駒ケ岳から鋸岳を縦走する険しい稜線の途中この穴の中を通過するとの事で、
肉眼でも確認できます。

14june17-4





さらに進むと徐々にあたりの植生が変わり標高2032m北沢峠に、そこは戸台とは明らかに違う空気が流れて
います。(後ろに見える小屋は長衛荘)

14june17-5


さて、重いザックを背負って本日の幕営地、北沢駒仙小屋に向けてトボトボと歩き出します、
林道を左にそれて約10分で森を抜けると木々の合間から沢沿いにテン場が見え、上流側に綺麗な小屋が
現れます、小屋で幕営料を払いさっさと今日のお宿を建てるとしましょう。


14june17-6
平日なので好きな場所を選んでテント完成、向こうには仙丈ケ岳への稜線、まだ雪が残っています。





続きます。






Author by チンタ / 全記事一覧 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。