スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

槍を目指して3

2013/9/12

続きです

小屋で暖かい食べ物(ラーメン)で昼食を済ませ、ストーブでだいぶ冷え切った身体が温まってきました。

小屋から南岳方面に少し行った所にあるテン場へと重いザックを背負って移動します、幕営場所はテントの大きさで限定されその中から選択させてもらう感じでした。

稜線のテン場は風が強く幕営場所を間違えると悲惨な思いをする事になります、
断続的に雨も強くなるので岩陰で影響の少ない場所だと良いな~などと重いながら指定場所に着くと幸いにも大きな岩の間でした(良かった^^)
自身、雨天での設営は始めてなのですが自分なりに^^;さっさと済ませ濡れた衣服を着替えて一段落です、

テントを叩く雨粒の音が聞こえなくなると外の様子を見るのですが周囲の濃い霧は取れそうにありません
どうやら低気圧の通過はだいぶ遅れている様な雰囲気です。。。
展望は諦めて、シュラフに入ってウトウトしてしまいました^^

強い風雨の音で目が覚めるとおもては既に薄暗くなっていました。
ガスストーブでお湯を沸かして夕飯の仕度を始めいつものカレーで空腹を満たし、ラジオから聞こえてくる音楽を子守唄に
いつしかまた眠りについてしまいました。

夜中、時折風雨がテントを叩く音で目が覚めました、普段なら中々寝付けなくなってしまうのですが疲れていたのでしょう、
直ぐに寝入ってしまいます^^

風雨の音以外静かだったテン場が人気の音で目が覚めました。

おもては夜が明け薄ら明るく、相変わらず濃いガスに包まれ周囲の景色を伺う事もできません、
湯を沸かしてコーヒーを飲みながら身体が目覚めるのを待って今日の行程を考えますか。。。
相変わらず時折風雨が強くなったりするので穂先に登るには濡れた岩や梯子は大丈夫かな?
朝食のチーズリゾットを食べて後、意を決して穂先を目指す支度を始めました。

小屋の前を通ると穂先を断念する登山者が残念そうに霧の景色を眺めていました、もちろん小屋から
穂先を見る事はできません。


傾斜が付き始め穂先の取り付きに立った頃黒い大きな岩陰がガスの合間から見えました。
13sept13-1-01.jpg





砂地のトラバース気味の道を登るとやがて壁が目の前に、
13yari
緊張とアドレナリン全開です!この気分久しぶりに味わうなぁ^^




13yari
濡れた岩壁を矢印方向へ慎重に進みます。


最初の梯子が見えてきました。
13yari





梯子も濡れて滑るし、冷たいです^^;
13yari




一難去ってまた一難、上部は梯子の連続です、右の梯子は下り用ですね。
13yari





ひぇ~^^;
13sept13-1-6.jpg
高所恐怖症な自分、何やってるんだ?   晴れていたら恐怖感倍増なんでしょうね^^;




ようやく頂上に、祠の前に晴れ間を待つ青年が一人。
13sept13-1-7.jpg




ついに来ました。
13sept13-1-8.jpg



青年と写真を取り合って、少し話をしました。
13sept13-1-9.jpg
ガスは晴れそうにありませんね、降りるとしますか。
降りはもっと身長に!



槍ヶ岳、始めて松本城から常念の稜線から覗いてた穂先を見て、燕岳の頂きから、涸沢の帰り屏風のコルからと
少しずつ近付きながら眺めていた槍の頂に、今自分が立っている事が不思議な感じでした。
晴れて眺望があれば実感も湧いてきたのかもしれませんね^^


さて、二日かけて登ってきた行程を一日で戻らなくてはなりません、
濡れたテントを仕舞って、ババ平で一緒だったおじさんは南岳に向かうとの事でお互い山行の安全を願いつ挨拶をして
出発です。




13sept13-1-11.jpg
ザレた登山道を慎重に下るとガスが晴れて、殺生ヒュッテが見えてきました。




13sept13-1-12.jpg



昨日はガスガスで見えなかったですが今日は槍沢方面が見えてきました。
13sept13-1-13.jpg




チングルマももう終わりです。
13sept13-1-14.jpg



13sept13-1-15.jpg




東鎌尾根が迫って見えます。
13sept13-1-16.jpg





陽が差してきました^^;
13sept13-1-17.jpg




でも槍は顔を出してくれませんね
13sept13-1-18.jpg






西岳方面はすっかり良い天気。
13sept13-1-19.jpg



雪渓も僅かに残っていました。
13sept13-1-23.jpg
上では寒くてウェアの下にタイツやウールシャツを着ていたのですがここまで来ると暑くて辛くなってきたので
脱ぎました。



昨日の出発点ババ平まで戻ってきました。
13sept13-1-20.jpg





槍沢小屋まで戻ったところで、なんと槍が顔を見せていました^^;
13sept13-1-22.jpg
半日天気が遅れていた感じです、また来る理由ができました^^





この後ヘロヘロになりながら上高地で最終のバスに間に合い、松本でお気にりの洋食屋で目当てだったステーキで疲れきった身体にエネルギーチャージ、浅間温泉で汗を流し休憩して帰宅の途に着きました。



天候には恵まれまれなかったけど、兼ねてから登りたかった山に登る事ができまた一つ自分の中で経験値が上がり
忘れる事のできない山行となりました。




























スポンサーサイト

槍を目指して2

2013/9/12

つづきです。

目が覚めると空は曇っていました。


初日は上高地から梓川沿いに延々歩きという感じで、幕営地ババ平まで標高では約500m登りました。
2日目はいよいよ槍ヶ岳山荘まで1000mの標高差を登ります。

テン場で隣りになった青年はサブザックでここから槍ヶ岳を往復するとの事、私も迷いましたが当初の計画通り、槍ヶ岳山荘のテン場で1泊する事に、テント泊の重装備を背負って穂高の稜線まで上がるのはかなりしんどいけど奮起して出発します。




昨日、槍沢ロッジにあった天気予報だと午前中曇り時々雨で午後から回復するという情報だったので
晴れを信じて梓川の源流目指さして歩き出します。
13yari


振り返って、こんな感じで大曲までは川沿いを歩きます。
13yari



ようやく大曲りまで来ました、ここは東鎌尾根の水俣乗越への分岐でもあり
13yari


目指す槍ヶ岳が見え始める場所でもありますが。。。
穂高の稜線はガスガスですな^^;
13yari






景色はイマイチなので道沿いの草花を撮りながら登ります。
13yari


13yari

13yari





13yari



ブルーベリーみたいな果実、甘酸っぱい味でした^^
13yari



右側の斜面にだけ陽射しが当たっています。
13yari



天狗原の分岐、天狗池を経て南岳まで行けます。
13yari
ここら辺から徐々に傾斜がきつくなってきます^^;



グリーンバンドを超えたあたりからガスに突入して時折風雨が強くなり始めたのでレインジャケットを羽織りました。



坊主岩(播隆窟)
13yari




ここの洞穴で寝泊りしたんですかね?
13yari



景色は皆無です^^;
13yari



殺生分岐、発電機の音は聞こえていましたが建物は見えませんでした。
13yari
ここから1kmが長かった^^;




ようやく槍ヶ岳山荘に辿り付きました、気温は5°です>< 先日雪が舞ったそうです^^;
身体が冷え切ってしまったので小屋でテント泊の受け付けと暖をとらせてもらいました。
13yari
ALL:K-5 smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC


予報通り晴れてくるのでしょうか?


つづきます。















槍を目指して1

2013/9/11

だいぶ前の話になってしまいますが限られた時間を使っての山行が続き
画像の編集まで手が回らずようやくupする事ができました。

思いがけず休暇が取れたので夏山シーズン後半にまだ間に合うと急遽計画を立て、
前回の山行(金峰山)で膝の具合が良くなってきたのが確認できたので
念の為にサポーターを当てれば3000mの峰も目指せそう。
自身初の2泊山行は何箇所か候補があったのですが、またいつこのような連休が貰えるか
判らないのでいつも遠くから羨まし気に眺めていた槍ヶ岳にこの際行ってしまおうと^^

今年圏央道が部分開通して信州方面へのアクセスがだいぶ良くなり、途中八ヶ岳P.Aで休憩を取り
約2時間30分で松本I.Cを降りて国道158号線をひた走り沢渡バスターミナルに



バスターミナルが随分綺麗になりました。
13yari




平日なので人はまばらの上高地バスターミナル
13yari




河童橋の向こうには穂高の峰
13yari




今日は幕営地のババ平まで約15kmの道のりですよ
13yari




またこの景色を見る事ができました。
13yari





徳沢の野営場はいつも気持ちよさそうです。
13yari





槍ヶ岳まで中間地点の横尾ここで小休止します、天気はOK!
13yari



13yari


9月とはいえまだまだ日差しは厳しいので沢沿いの木陰は爽やかな風が吹いて助かります
久しぶりの歩きなのでだいぶヘバってきました^^;
13yari



道沿いの咲いている花を眺めて疲れを癒したり
13yari





13yari




こんな景色を見ながら一歩ずつ歩けば目的地までたどり着けるのです^^
13yari





ようやく槍沢ロッジまで来ました。
ここで昼食をとってテント泊の受付けを済ませます。
13yari


目指す槍の穂先を見る事ができます。
13yari



さてババ平までひと歩きしますか。


結構この区間が厳しかったです^^;





ようやく初日幕営地のババ平、平日だけど賑わっていますね^^
13yari



テン場に水場があるのですが長いホースを通ってくるのでぬるま湯状態です^^;
冷たい水が飲みたいので沢まで降りました。13yari
ALL:K-5 smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC

手を5秒も入れると痛くなるほど冷たい水が流れています、
缶ビールも直ぐに冷やす事ができます(私は飲みませんけど)





続きます。














Author by チンタ / 全記事一覧 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。