スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の雲取へ3

春の雲取へ2の続きです


翌日の朝3:30頃雨がテントを叩く音で目が覚めました。

当初、日の出を山頂で見ようと思っていたのですがこの雨脚の強さだとまずXでしょう^^;
熱いコーヒーを飲んで様子を見ましょうか。。。

飲み終わった頃に雨脚が少し弱くなったので重い腰をあげて出発です、
周囲はまだ暗いのでヘッデンを点けて先を照らすも濃いガスで数メートルの視界。。。
誰も居ない暗い登山道を独りトボトボ進みます。

小雲取への登りに差し掛かる頃、周囲が薄っすらと明るくなりはじめ
奥多摩非難小屋に着いた時には昨夜小屋に泊まったと思われる女性の方が、
登ってきた私を見て

「何時に出てきたんですか?」

少々驚いた様な口調だったので、恐らく登山口から夜を徹して登ってきたと思ったのでしょう、

「昨夜は奥多摩小屋にテント張ってたんですよ」と答えると

「あぁ、そうなんですかぁ」と、納得した様子でした^^;






非難小屋をパスすると程なくで雲取山頂です
12apr30kty28
ガスガスです^^;



12apr30kty29
こっちが東京都の山頂



山頂には一人先客が食事をとっていました。



三角点です
12apr30kty30



12apr30kty31



時折霧が薄くなって空が明るくなるのですが直ぐに次のガスに厚く覆われて景色は諦め戻ります。




直ぐに非難小屋
12apr30kty32
綺麗ですね、ここに泊まるのもありです。





時折小雨が降ってきます
12apr30kty33






まだ蕾みは硬いですね
12apr30kty34





コガラもじっと私の様子を伺っていました。
12apr30kty35
ALL:K-5 smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC





続きます。


















スポンサーサイト

偶然の重なり

2012/5/21



今朝の事、

庭から聞こえてくる奥さんと息子の話し声に起こされ、パジャマのまま庭に出てみると
外は小雨がパラパラ降っていました。

でも時折り雲間から欠けている太陽が見えるとの事で、慌てて自分の部屋へカメラを取りに^^

太陽が月に重なるという偶然と、程好く雲がフィルターの代わりになってくれた偶然の重なりのお陰で
何も準備していなかったのにも関わらず幸運にも天体ショーを記録に残す事ができました^^



kinkan01
K-m:smcPENTAX-DA55-300F4-5.8ED

春の雲取へ2

春の雲取へ1はこちら






つづきです







12apr30kty12



緩やかなトラバース道を進むと石尾根はもうすぐです。



12apr30kty13






ようやく七ッ石山からの合流地点であるぶな坂まで来ました。
12apr30kty14





ここまでくれば後は快適な尾根道、本日のゴール奥多摩小屋も目と鼻の先です、
おおよその到着時刻が読めたので、ここで昼食をとることにします。






エネルギーチャージも済んだので石尾根の縦走路を楽しみしょうか。
12apr30kty15





振り返ると七ッ石山がお見送りしてくれます。
12apr30kty16







何回来ても気持ち良い縦走路です。
12apr30kty17






唐松の小さなピークを超えると
12apr30kty18





五十人平のヘリポートが見えてきました。
12apr30kty19






ようやく奥多摩小屋に到着~!
適当な幕営地を確保して小屋へ受付けに行きます。





12apr30kty20





石尾根の両脇がテント場です
12apr30kty21



雲が厚くなってきたのでさくっと設営し、今夜のお宿完成ですよ
12apr30kty22
ちょっとシワシワなのはご愛嬌で^^;(後で綺麗に張りましたです)




テン場から5分ほど下った水場へ水汲みに
12apr30kty23
まずまずな水量でした。





我が家からの景色です^^
12apr30kty24
晴れたらもっと気持ち良いんでしょうねえ。。。




夕飯までのひととき、景色を眺めながら淹れたコーヒーを
12apr30kty25
何とも贅沢な時間です



12apr30kty26





12apr30kty27
ALL:K-5 smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC



周囲が暗くなりはじめた頃に夕食(いつものカレーライスです)を済ませ、
ラジオを聴きながらいつの間にか眠りにつきました。




続きます。




























春の雲取へ1

2012/4/30


2012年のGWは天候が荒れ模様で計画も立て難い連休となってしまいましたね、
天気予報と睨めっこをして、4/30~5/1に決定!
昨年から次にテント泊する山と決めていた東京都の最高峰に出撃してきました。




朝6:30に自宅を出発し途中コンビニで買い物などしながら約2時間で小袖に到着
12apr30kty01
奥多摩は近くて良いです。



今日は奥多摩小屋までなのでボチボチと仕度して9:00にのんびりと出発です。





連休なのでさすがに賑わってますね
12apr30kty02







さて、出発です。
12apr30kty03
雲取小屋まで6時間と書いてあります







穏やかな登りが延々と続きます。
12apr30kty04





タチツボスミレ?
12apr30kty05






堂所(どうどころ)に到着です、ここいら辺はちょっと木々の植生が違います。
12apr30kty06





右に人工林、左に自然林、森の明るさの違いが判りますでしょうか?
12apr30kty07





徐々に傾斜が増して七ッ石小屋下の分岐に到着
12apr30kty08
巻き道でブナ坂へ向かいます。






登山道脇の小枝に数羽の色鮮やかな鳥が徘徊していました。
12apr30kty09
帰宅して調べたところ、どうやらソウシチョウの様です。





ハナネコノメソウの群生が綺麗でした。
12apr30kty10





お隣ではハシリドコロも花を咲かせていました。
12apr30kty11
ALL:K-5 smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC




石尾根まであと一息です。




続きます。










Author by チンタ / 全記事一覧 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。