スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の女神に会いに。その2

続きです。



日当たりの良い尾根ではあちこちでギフチョウが舞い始めシャッターチャンスを狙いながら山頂を目指します、
耳を澄ますと、姿は見えませんがまるで会話をするように複数の野鳥が復唱する様な同じ鳴き声で一際綺麗な囀りが
聞こえて、同行者の話しだとオオルリではないか?との事でした。





眼の前の小枝ではヤマガラが綺麗な声を聞かせてくれています、カメラを構えると気づかれてしまったのか
サッと飛び去ってしまいました^^;
12apr15izy06




間もなくして山頂に着くと大勢の方がチョウの舞いや景色を楽しんでました。
私たちもザックを下ろしてコーヒータイムを。



正面には焼山~黍殻山の稜線、
12apr15izy07


望遠ズームから90mmマクロに替えてチョウ撮りに専念します。



先ずは眼の前に止まったヒオドシチョウ、翅がだいぶ綻びているので越冬固体でしょうか?
12apr15izy08



うーん・・・あと一歩近寄りたいのですが逃げられてしまいます^^;
もう少し高倍率のレンズが欲しいところですが、トリミングでお許しを。。。


12apr15izy09



お隣のテーブルで休憩していたグループの方(なんと椿の茶屋さんもいらしゃった)と少々お話等をして
山頂での蝶の舞も堪能したので下山するとしましょう。


最初に蝶を発見した尾根まで戻り昼食にしました。多くの蝶の舞に囲まれての食事は格別ですよ^^



ご挨拶がてら眼の前に遊びにきてくれたのでカメラを持ち出して一枚^^
12apr15izy10
1.2 K-5 smcPENTAX-DA55-300F4-5.8ED
3-5 TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO



やがて陽が陰ってしまい蝶もいつのまにが姿を消してしまったので、私達も下山の仕度を。
無事下山後は「青根緑の休暇村いやしの湯」で温泉に入り18:00には帰宅できました。




自宅からほど近い場所にこんなに多くの「春の女神」に出会える場所があった事に少々驚きましたが
これも「カントウカンアオイ」を始めとする自然環境を保護している人達の努力があってこそだと思います、
いつまでもギフチョウの舞う山として残っていて欲しいと思いました。







スポンサーサイト

春の女神に会いに。その1

2012/4/15


桜も満開の頃を過ぎすっかり春らしい陽気になってきた週末、
リンクを貼らせて頂いてる椿の茶屋さんの記事を拝見して今年こそはギフチョウを見に行きたいと思っていたところ
運良く先日の雨も上がり山の神の許可も降りたので地元の知人と連れ立って出撃しました。

自宅をのんびり10:00に出発し途中コンビニで買い物を済ませ順調に登山口付近に到着、
既に登山口周辺にはかなりのクルマが・・・さすが有名な山ですなぁ~
ようやくスペースを見つけてさっさと仕度を済ませて出発です。





早速登山道脇でヒトリシズカがお出迎えです
12apr15izy01


しばし進むと上から保護管理員らしき人達が降りてきて、ご挨拶を
「今日はどうですか?」と伺うと気温が低くて今日はまだ飛んでいないとの事・・・
うーん、今日は厳しい山行になるのでしょうか?


可愛いタチツボスミレの花があちこちで見れます。
12apr15izy02


こんな感じでカントウカンアオイが保護されています。
12apr15izy03





段々晴れ間も出てきて明るい尾根筋で1羽のギフチョウが飛んでいるのを発見!
とりあえずは第一目標は達成したので今度は撮影に専念しましょう^^





しばらく尾根を散策していると日向ぼっこしているギフチョウが居ましたよ
12apr15izy04



ミヤマセセリにも出会えました。
12apr15izy05
ALL:K-5 smcPENTAX-DA55-300F4-5.8ED


今日は沢山の女神に出会えそうです。




続きます。









’12大山その2

続きです



大勢の登山者の流れに流されるように鳥居をくぐり山頂の宮に着きました。
1204oym11





山頂には、素晴らしい展望を前に昼食や仲間との会話を楽しむ人で賑わっていました。1204oym12



私たちも早速昼食にしましょう、
湯を沸かして各々が持参したカップ麺と温かいコーヒーで空腹を満たし
冷えた身体も暖まり一息つきました。

家族に山座や眺望の説明をした後、神社にお参りを済ませ身体が冷える前に下山し始めました。




ぬかるんで滑るので下りは気をつけましょう
1204oym13




高い雲に覆われ表尾根も陰ってしまいましたね
1204oym14



静かなイタツミ尾根を快調に下ります
1204oym15



1204oym16


鎖場風味なところは慎重にですよ
1204oym17


ようやくスタート地点のヤビツ峠が見えてきました
1204oym18


全員無事下山完了です。
1204oym19
ALL:K-5 smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC




今回はレベルアップで挑戦した大山登山、少々きつかったかなあ?と思ってたのですが
登り一辺倒ではないコースで家族からは中々好評でホッとしました。
機会があれば徐々にレベル上げてを他の山にも皆で登れたらと思っているんですけどねえ。。。^^






’12大山その1

4/1(日)



とうとうまる2ヶ月お山に行けませんでした^^;


土曜日とつぜん家族から


家「明日天気良いから近くで山登りに行きたい」

私「ん~~じゃあ高尾山に行ってみるか?」

家「いつも高尾山だからたまには違うところがいい」


ふふ~ん、じゃあ少しハードルを上げてあげましょかね^^



私「じゃあ大山にでも行ってみるかい?」

家「うん、大山行ってみたい~♪」




Ψ(`∀´)Ψケケケようやくお山に行けますよ~♪





と言うわけでヤビツ峠
1204oym01
朝10時じゃあ駐車場も満杯です^^;




気温は5℃吐く息が白くまだまだ冬の景色です
さっさと仕度をして出発しすよ




さて、イタツミ尾根を行きますよ
1204oym02



表参道と違って静かな山歩きができます
1204oym03




こんな鎖場風味なところもあって飽きません
1204oym04



ところどころ雪も残っていました
1204oym05



登り一辺倒ではないので初心者でも無問題なコースです
1204oym06


登山道の脇にこんな氷柱が、寒いはずです^^;
1204oym07


三ノ塔~表尾根~塔ノ岳~主脈~丹沢山まで見渡せます
1204oym08




表参道と合流すると賑やかになります
1204oym09



鳥居が見えてきました。
1204oym10
ALL:K-5 smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR
もうすぐ山頂ですよ





続きます








Author by チンタ / 全記事一覧 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。