スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'11oct 横浜

久しぶりに山以外のネタです^^










週末、子供のリクエストで久しぶりに外食&ドライブに出かけました。

行く先のリクエストは大抵横浜でお気に入りのようで、マイカーでひとっ走りです。











渋滞もなく赤レンガ倉庫に到着です
111022yar02










大桟橋には客船が寄港していて賑やかでした
111022yar01








赤レンガ倉庫でウィンドウショッピングをした後コスモワールドの方へ








屋形船やクルーザーが賑わっていました。
111022yar03










コスモクロックを見上げると綺麗なライトアップで行き交う人々の目を楽しませていました
111022yar04
ALL:SIGMA18-50F2.8EX MACRO













スポンサーサイト

涸沢その4

その3からの続きです





屏風ノコル(標高2400m)にはザックをデポして屏風ノ耳方面へ登る人や絶景を楽しんでいる人で賑わっていました。
11ks48



ここからは延々と下ります
11ks49
下りは風裏になり暑いですよ


テント泊装備では下りで想像以上の負担が足にかかります
11ks50





水の流れていない沢にて小休止
11ks51



上を仰ぐと明神岳への稜線
11ks52
ここから徳沢までCT50分まだまだ下ります








ようやく梓川にかかる新村橋まで辿り着きました^^
11ks53

11ks54
ここから上高地までCT140分の長い林道歩きが残っているのでした




林道は陽射しを避ける事ができるので幾分楽です
11ks55



徳沢まできました
11ks56
底をついた水分を補給して小休止します。



さて、まだまだ歩きましょう




やっとの事で上高地BTまで来ました
11ks57
沢渡Pまでのバス移動では疲れでウトウト。。。



帰りは松本市内で夕食を食べ、浅間温泉で汗を流した後仮眠を取り無事帰宅の途につきました。




初めての涸沢は人混みを避けて平日に計画したもののまるで休日かのうような人出で、

さすが国内屈指の人気コースだと思いました。

紅葉は早い初雪のお陰でイマイチな結果になってしまいましたが、雄大な穂高連峰を間近で眺める事ができ

次回へと繋がる山行となりました。















涸沢その3

その2からの続きです



朝方、テント内の気温は約5℃外は0℃だった模様です

朝食を済まして撤収の後のんびり8:30頃出発としました。


ヒュッテのテラスから最後の1枚
11ks33
今年の紅葉は初雪が早かったせいでイマイチだったそうです

確かに、先週降った雪が吊り尾根に残っていました






復路はテント泊装備では一抹の不安がありますがパノラマコースで下山します
11ks34




斜面をトラバース気味に徐々に標高をあげ、ヒュッテと涸沢小屋が一望できた
11ks35





なかなかスリル感のある道です
11ks36





うわぁ~!思わず声が出てしまった^^
11ks37
踏み場はあるので慎重に進めば難しくなかったですよ





ようやく屏風ノコルへの稜線に出ました
11ks38
稜線の反対側は陽射しが強く、冬から夏に逆戻りした感じです



槍ヶ岳から奥穂高岳まで眼前に一望できます
11ks39
大キレットがこんな間近に、素晴らしい!



名前の通り素晴らしいパノラマです
[広告] VPS





先月登った燕岳とは違った角度からの槍ヶ岳、左肩には槍ヶ岳山荘直下には殺生ヒュッテの赤い屋根が見えます
11ks40



北穂~奥穂、涸沢も見納めです
11ks41



11ks42




ザイテングラードをズームします、右下からトラバースして穂高岳山荘へ登山道が見えます
11ks43




こちらは北穂南稜、厳しい登りです
11ks44



奥穂高岳、薄っすらと雪が付いてるのが判ります
11ks45



秋らしい雲が出てきました
11ks46
ALL:PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED




スリリングな箇所もありますが涸沢へ訪れるなら下山はパノラマコースお勧めです




続きます



















涸沢その2

その1からの続きです




本谷橋から山登りらしくなってきます、3時間近い林道歩きの後なのでかなり堪えます
11ks16
木々も徐々に赤みを増してきましたよ





いつも遠くから眺めていた穂高の稜線がこんなに近くに迫ってきました
11ks17
きついですが景色に呼ばれる様に登り続けます





涸沢に到着しました
11ks18
飛騨側から雲がどんどん流れてきます



涸沢ヒュッテではカールを眺めながら長旅の疲れを癒してる方が、居心地の良い場所です
11ks19
テラスの向こうには屏風ノ頭も見えます




幕営場の様子、連休は過去最高の1000張り超で賑わったそうです
11ks20
先ずは今夜のお宿の準備をいたしますか




設営後にコーヒーを淹れて(涸沢では穂高からの湧き水を無料で分けて貰えます)から

カメラを片手に付近の散策に出かけますかね









前穂高岳が夕日で輝いています
11ks21





涸沢槍にはガスがかかって幻想的な景色を演出してくれています
11ks22





夕食の後、屏風ノコル付近から昇った円い月が明るい
11ks23




夜の涸沢、様々な色のテント灯りが本当に山の中に居るのかと錯覚してしまいます。
11ks24
稜線には北穂高小屋の灯りが見えます




夜中に風の音で目が醒めてしまいました




テントから出ると大天井岳の上に北斗七星が輝いていました
11ks25



月は既に穂高の稜線に沈んで飛騨側から沸いてくるガスが光って少し怖い風景になっています
11ks26




身体が冷えてきたのでシュラフに潜りこんだらいつの間にか眠っていました。。。












おもてのざわめきで目が醒め、外を覗くともうすぐ夜明けでした
11ks27
慌ててカメラを持ってテントを飛び出します^^;















そう、この瞬間を見るためにここまで来たのですから
11ks27
穂高が赤く萌えるその瞬間はほんのひとときです
















涸沢に朝がやってきました
11ks29




穂高岳山荘が、あそこに行きたい。。。
11ks30



奥穂高岳、言わずと知れた日本第三番の峰です
11ks31




北穂南稜、厳しい九十九折の登山道が確認できます
11ks32
ALL:PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED




今日も良い天気になりそうです





続きます


























涸沢その1

2011/1/11


毎年この季節になると紅葉前線の話題が聞こえてきます

「登山をするのなら涸沢の紅葉は1度見に行った方が良いよ」

昔、登山をしていたと言う気ご近所さまのお話しが脳裏に焼きついていて機会があったらと訪れたいと思っていた。

毎日紅葉の進み具合をチェックして、10月10日周辺と予想し混雑を避けて連休後に意を決して涸沢行きに。。。





沢渡市営第2Pにam1:00到着、仮眠を取って朝イチのバスで上高地へ、平日ですがバスは補助席を使いほぼ満車、

釜トンネルを過ぎた頃バスが徐行しクラクションを鳴らしているので前を見るとニホンザルのグループが道路の真ん中で

朝ごはん中でした。






約30分で上高地バスターミナルに到着です
11ks01



身体が温まるまでは少し寒いのでレインウェアーを着て横尾までの長い林道歩きに出発です



すぐに河童橋です
11ks02




梓川に沿って木々の中を進みます




明神、結構人がいますね
11ks03
身体が温まってきたのでレインウェアを脱ぎます




梓川の向こうに明神岳が
11ks04




この後ずっと明神岳を左に見ながら林道を進みます




結構広い河川敷の梓川
11ks05







徳沢にはテントもちらほら、気持ち良さそうなテント場です。
11ks06





紅葉チックな木
11ks07





長い林道歩きを経てようやく横尾につきました
11ks08
こんな長距離を歩いたのは久しぶりだな




平日だけど人が多いです、なんとか空いてるベンチを見つけて昼食とします
11ks09



気温も上がりここ横尾でも何種類かの蝶を確認できました



柳の樹液を吸うルリタテハ
11ks10
キベリタテハも飛翔していましたがシャッターチャンスを与えて貰えませんでした^^;





さて横尾大橋を渡って出発です
11ks11




おぉ、これが屏風岩ですね^^
11ks12







ここから徐々に標高を上げていきます
11ks13







横尾から約1時間で本谷橋
11ks14





河原では大勢の人が休んでいます、今日も涸沢は賑わうのでしょうか。。。
11ks15
ALL:PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED





ここから本格的な登りになります




続く















'11初秋の中越


毎年この時期になると会いに行きたい風景があります

今年は台風の影響で道路の規制があり、兼ねてから目ぼしをつけていた未訪の地域に行ってみることに

天気は朝から曇り・・・被写体としては映り栄えしないけど山歩きには丁度良いからよしとしますかぁ~






越後の景色、水田の稲はだいぶ色づいてきていました。
unm01










ブナ林の景色を楽しみながら林道をしばし歩くと、ようやく待望の風景に







こんにちは
umn02
ちょっと小型ですがヒメオオクワガタ♂がヤナギの樹液を吸っていましたよ










さて、目的は達成したので視線を下に移してみます









ウメバチソウ、まだこんな可愛い花が咲いていました。
umn03
1・3:smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6ALⅡ
2:smc PENTAX-DA 55-300F4-5.8ED







さて、渋滞が始まる前に美味しいもの食べて帰りますかね





また来ます













Author by チンタ / 全記事一覧 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。