スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛犬の午後

こんちは!トイプードルのれん♂と言います。
ren01
リビングの窓際はポカポカ陽気で昼寝には最高な場所なんだよね~



暑くなるとソファーに移動してやっぱり昼寝が気持ち良いんだなあ~




んっ?おっちゃんが何やら変な機械を持ち出しておいらに何かしようとしてる気配。。。
ren02
気持ちよく昼寝していたのに邪魔しないで欲しいもんだね








リビングのソファーに座ってカーテンの開いた窓から見える景色を
mado01
デジカメで撮っているのでした。










スポンサーサイト

丹沢山(丹沢)

2011/1/22


暮れから年明けてなまった身体に且つを入れるべく、初登山に行ってきました。

場所はタイトルにあるように、以前から決めていた「塩水橋」から天王寺尾根を通るルートで「丹沢山」へ



am6:15塩水橋のゲートです、自宅からマイカーで約1時間近いのでアクセスは良いです
tan01
まだあたりは暗いのでのんびり身支度をしてam6:30頃、明るんできたのを見計らって出発







キュウハ沢沿いの舗装された本谷林道をゆっくり歩きます、かなり歩きもしや登山口を通り過ぎたか?と

不安になってきた頃に本谷橋が見えてきました。
tan02


天王寺峠への取り付きです
tan03


こんな人工林をしばし登ると
tan04


20分ほどで天王寺峠
tan06
あっという間に稜線に出れたと楽勝ムードでいたのですが甘かった^^;

急登ではないけど、想像以上に長い稜線歩きが続きなまった身体が重い~~

日陰には雪が残っている場所も見えてきましたよ
tan06


ようやく堂平出合に、ここまでは順調です
tan07


気持ち良いブナ林の先に整備された木道が見えてきました
tan08
この階段結構きついっす^^;



木道が終ると崩落している場所に、ちょこっと岩場&鎖もありますね
tan10


ストックを仕舞って岩場を通過
tan11


丹沢三峰からの稜線に合流しました
tan12
あとひとふん張りですよ


am10:00丹沢山頂です
tan13


富士山おはよう!
tan14
木に霧氷が少し残っていますね


南アルプスもお出迎えです^^
tan15


お隣には不動の峰ですね
tan16


木々の間から玄倉川上流も
tan17


去年登った蛭ヶ岳も見つけました~
tan18


みやま山荘にはご主人らしき方がいらして、バッヂを購入しました
tan27


ワンコが日向ぼっこしてましたよ
tan20








お腹が空いたのでお昼にします


今日もマルタイラーメンにマルチャンのとんこつスープ、ラーメンの具、自家製チャーシューランチパック(ラー油メンチカツ)
tan19


山頂は小休止してすぐに出発する方、食事をとる方など常に数組の登山客で賑わっていました。

身体が冷える前に下山しますかね、山頂で1時間近く休んでしまいました^^;







復路は堂平から塩水林道コースで帰る事に、堂平の出合で道標を治してる方と軽く挨拶を







こっちのコースは丹沢三峰が見えますね
tan21



北斜面なので雪が結構残っていますね、転ばないように要注意ですよ
tan22



下りきると堂平沢を渡ります
tan23
動物の足跡をみつけましたよ



ようやく塩水林道に出ました
tan24
ここで小休止してゲートまで約5kmの林道歩きです~^^;


結構寒いんですねえ、沢が凍結しています
tan25
この直後、道路が凍結している場所で油断をして転倒してしまいました^^;








凹んでトボトボ歩いてると後ろからクルマ!?

左に避けて遣り過ごそうとしたら、クルマが私の横で停止して「途中までだけど乗って行きますか~?」と

運転手さんを見ると先程堂平の分岐で道標を治していた方でした。

長い林道歩き&転倒で凹んでいたのでシッポを振って乗せて頂きました^^

クルマの中で登山道の話しなどを聞かせて頂き、これから本谷林道の方へ見回りに行かれるとの事で

分岐まで載せて頂きとても助かりました。




pm1:45塩水橋のゲートに戻ってきました。
tan26



帰りも順調にpm3:00には帰宅できました。



今年初登山は身体がなまっていた事もあり標高差1000m、登りではきつかった~^^;





































蛭ヶ岳(丹沢)

2010/1/24

我が家からも見える丹沢連邦、冬になると空気が澄んで稜線が鮮明になります

その丹沢でも一際存在感を押し出しているのが丹沢の最高峰であり神奈川県の最高峰「蛭ヶ岳」です。

そんな神奈川最高峰からの眺望を見たく山行してきました。

「蛭ヶ岳」は丹沢連峰でも奥深い場所に位置しているので健脚な方なら日帰りも可能との事ですが

私のレベルではいかがなものでしょうか?^^;

今回は自宅から一番アクセスが良く、時間的にも日帰り可能な「青根」からの登山コースを登ることにしました。

午前5時に出発して6時には青根に。。。近いので便利です^^

まだ暗いので国道沿いのコンビニで時間調整をし、周囲が明るんできた頃に登山口へ





釜立沢林道登山口です
hiru01
クルマは1台も留まってませんでした



先ずは釜立沢左岸を遡行し右岸に渡ってしばらくすると尾根に取り付きます
hiru02.jpg
踏み跡はしっかりしているので迷う事はないです






効率よく標高を稼ぐと主脈の稜線に、焼山からの「東海自然歩道」に合流します
hiru03







東側は植林帯、西側は主脈の尾根であまり展望がよくないですが、時折丹沢三峰が望めます
hiru06






「八丁坂ノ頭」をパスして緩やかな尾根歩きを続けるとやがて東海自然歩道の最高地点「姫次」1433mに
hiru04





ここからの眺めは中々良いです
hiru05
富士山おはよう!





これから登る「蛭ヶ岳」蛭ヶ岳山荘も見えます
hiru08
まだまだありますな~^^





しかしここまで他の誰とも会いません、時折「鹿」が餌を食べているくらいです、

大倉尾根と違い静かでいいです^^






軽く休憩をして出発です、姫次から一旦下り(帰りは辛そうです)

小さなピークを何回か越えるとやがて蛭ヶ岳への登りに差し掛かります、途中登山道を整備されてる方にご挨拶を

整備された木道で標高を稼ぐとやがて西側へ大きく崩れている場所にさしかかります





「大室山」が綺麗に見えます
hiru07
お~左奥には雪化粧した南アルプスが見え始めましたよ





う~ん、だいぶ近づいてきたけど。。。
hiru10
まだまだですな~^^;






日の当たらない場所に雪が残っていますがアイゼンは必要ありませんでした。






お隣の「檜洞丸」がこんなに近くに
hiru09
富士山もちょこっと頭を出してますね





最後の一踏ん張りでようやく山頂に~
hiru11.jpg
山頂には誰もいません





富士山は雲が出てきましたね
hiru12






南アルプスも素晴らしい眺望です
hiru13





奥秩父~その奥には八ヶ岳もハッキリ見えます
hiru14





箱根も、大涌谷の噴煙まで見えましたよ
hiru15






こちらは丹沢主脈、不動の峰~丹沢山の稜線も気持ち良さそうです
hiru16





塔ノ岳、尊仏山荘も見えますよ
hiru17






丹沢三峰の向こうに宮ヶ瀬湖、関東平野もバッチリ見渡す事ができますね
hiru18
宮ヶ瀬湖の右には去年登った「高取山」「仏果山」も見えますよ


「仏果山」からの「蛭ヶ岳」方面はこんな感じでしたね
高取山04




そして遙か彼方には「「筑波山」も見えました
hiru19








山頂は360°展望が開け絶景を楽しむ事ができました

昼食にインスタントラーメンを食べ、山荘でバッヂを購入して登山者が増えてきたので下山します~






午後2時には登山口に到着し、下山後には青根の「いやしの湯」で冷えた体を温めて地産の野菜を土産に帰宅しました。






























伊豆~箱根

2010/1/8-9

三連休の前半、久しぶりの家族旅行に伊豆天城高原まで行ってきました。

写真も撮ったので数枚upします。



東名高速から富士山が綺麗に見えたので箱根~伊豆スカイラインで眺望を楽しみながらのコースに決定^^




富士山バッチリですね
ama01
ただ、この日は麓で野焼きをやっていて下の方は煙でモヤっていてちょっと残念~



頂上ズーム
ama02
登山道や最高峰「剣ヶ峰」の測候所跡も見えますよ
風も無く素晴らしいコンディションですね




お~っ!あれに見えるは南アルプスではないでしょうか?
ama05
荒川~赤石岳あたりですかね?山座同定できる方教えてください~^^
追記:左から~聖岳、赤石岳、荒川岳、悪沢岳(荒川東岳)と思われ^^;




反対には箱根の神山~大涌谷の噴煙も見えますよ
ama03
温泉黒玉子を思い出してしまいますね^^




ここは展望もよく芝生があってお勧めですよ
ama04










天城高原まで順調に、宿の大浴場からは富士山は本より南アルプスをほぼ全部眺める事ができ

思いにもよらない眺望に長湯してしまいました^^;

写真に撮れなかったのが心残り。。。










翌日は海岸線を通り帰路につきまして、

梅園でほころびかけた梅なんぞ写真に撮ってみました。



皆さんこの前で集合写真を撮っていましてようやく人がはけたので1枚~
ama06



先ずは白い方を~
ama07


続いて赤い方も~
ama08







そろそろ山にも登りたいですね^^














お年賀

2011/1/2


明けましておめでとうございます


めでたい「富士山」を1枚!
tower01
東京タワーと丹沢の先に朝日に光る「富士山」



遠くに白く雪化粧した連峰が見えますね
tower02
南アルプスでしょうか?





今年もよろしくお願いします。
Author by チンタ / 全記事一覧 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。